レビトラってどんなED治療薬なの?

バイアグラの効果・副作用・使用方法まとめ

世界で最初のED治療薬

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社が開発した世界で最初のED治療薬です。

今まで医療分野になかったED治療薬というカテゴリーを作成したことで「夢の薬」言われ、一躍世界に広まり流通されました。

日本でも発売1年後という1999年にスピード認可され、医療現場で使用されるようになりました。

今まで有効な手段がなかった医療現場では、今まで行っていた簡易検査を行われなくなり、バイアグラを処方して経過を伺うスタイルとなりました。

日本では現在でも一番認知度の高いED治療薬であり、ED治療薬=バイアグラという構図になっている人がほとんどではないでしょうか。

バイアグラの効果

バイアグラの有効成分はシルデナフィルでレビトラや他のED治療薬と同じくPDE5阻害薬となっております。

血管を拡張する作用があり、体内からペニスへ送る血流を促進させ勃起を促します。

バイアグラの服用は性行為のおよそ1時間前に水やぬるま湯で服用してください。

顔のほてりを感じたら効果が発揮された合図となりますので、パートナーより性的刺激を受けることで勃起に至ります。

日本で認可されている含量は「25㎎」「50㎎」となっており、作用時間はおよそ5時間前後ですが、含量の増減によって作用時間も変わります。

バイアグラの副作用や注意点

バイアグラにはレビトラなどと同じように副作用があります。

お酒を飲んだ時のような感じとなり、顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、などの症状を感じます。

その他腹痛や視覚障害などの報告もあります。

副作用のほとんどが一過性のものですが、強く感じた場合などは専門医に相談し他のED治療薬に変更するなどしましょう。

また、併用禁忌薬もあります。

お薬を処方されている方などは、飲み合わせなどにより重篤な副作用を感じる場合がありますので、専門医に服用しているお薬を必ず伝えましょう。

食事の影響を受けやすいバイアグラ

バイアグラは食事の影響を受けやすいED治療薬です。

バイアグラの効果をあまり感じられない方のほとんどが、胃に食べ物が残った状態で服用してしまったことが原因に挙げられます。

バイアグラの有効成分シルデナフィルは油に弱く、胃や腸の壁が食べ物などの脂肪分で膜をはってしまった場合、体内に吸収することができずそのまま体外へ排出してしまうからです。

そのため、食後2時間以上は間隔を空けてから服用しましょう。

↑ PAGE TOP