レビトラってどんなED治療薬なの?

レビトラの副作用はどのような症状?

レビトラの副作用

ED治療薬は全て似たような副作用を感じます。

効果が発揮されるときに顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどの副作用を感じます。

これは、血管拡張作用のあるレビトラの有効成分が体の各器官の血管も拡張するためで、お酒を飲んだときのような感じになります。

その他、消化不良や視覚障害も若干ではありますが副作用として感じる場合があります。

通常は一過性のものなのですが、副作用を強く感じた場合は専門医に相談し、他のED治療薬に変更するなど対応してもらいましょう。

頭痛がひどい場合は

レビトラの副作用として頭痛がありますが、もし頭痛が気になる場合は市販の頭痛薬と併用しても問題ありません。

しかし、市販の頭痛薬の場合、空腹時などは胃が荒れたりする可能性が高いので、空腹時に服用する場合は胃薬も併用することも可能です。

併用禁忌薬

レビトラには一緒に服用すると重篤な副作用を起こしてしまうおそれのある併用禁忌薬があります。

急激な血圧低下の恐れがある硝酸剤、毛中濃度が過度に上昇する恐れのある抗ウイルス薬や内服の抗真菌薬、心臓の鼓動に異常をきたす恐れのある抗不整脈薬、症候性低血圧の恐れがある慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬となっております。

ED治療薬の中では併用禁忌薬が多いのでその他、何かしらお薬を処方されている方は一度専門医に服用しているお薬を伝えてから服用するようにしましょう。

レビトラを服用できない方

レビトラを服用できない方もいます。

過去にレビトラを服用して過敏に反応をした方。

併用禁忌薬を服用中の方。

心血管疾患で性行為自体に危険のある方。

6か月以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの疾病を患った方。

血液透析が必要な腎臓障害のある方。

重度の肝障害のある方。

低血圧や高血圧のある方。

不安定狭心症の方。

網膜性色素変性症の方。

女性の使用は効果を発揮しません。

未成年の方などとなっております。

大きな持病のある方には体に負担がかかる原因となりますので、必ず専門医に相談をしましょう。

↑ PAGE TOP