レビトラってどんなED治療薬なの?

レビトラとはどのようなED治療薬か

バイアグラの弱点を克服したED治療薬

あなたはレビトラを知っていますか?

レビトラはバイアグラの次に開発されたED治療薬で、アスピリンで有名なドイツのバイエル薬品社が製造・販売を行っております。

日本では2004年に認可され、現在では「5㎎」「10㎎」「20㎎」の3タイプが発売をされています。

バイアグラの弱点であった食事の影響を受けにくくなっており、またバイアグラより即効性のあるED治療薬となっています。

レビトラの名前の由来はフランス語とラテン語の造語で「男性の生命」という意味が込められています。

また、パッケージデザインには炎のマークが描かれてます。

あなたの男性の生命に火を灯すのはレビトラではないでしょうか。

有効成分バルデナフィル

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは水に溶けやすい性質をもっているため、ED治療薬中では最高血中濃度に達するのが早く1時間と掛からないため、即効性のあるED治療薬となっております。

PDE5阻害薬という別名もあり、血流を促進させるサイクリックGMPを活動させるためにPDE5の働きを抑制させます。

また血管が拡張され勃起を誘う準備を行います。あとは性的刺激を受け、脳が指令を出せば勃起し勃起を持続させることができます。

レビトラは媚薬や興奮剤ではないため勝手に勃起をすることなく、性的刺激を受けることで始めて勃起をすることができます。

レビトラはED治療薬以外にも早漏改善効果もあることがわかっております。

服用方法

レビトラの服用方法は、性行為の30分~1時間前に水またはぬるま湯などで服用してください。

服用後、副作用である顔のほてりなどを感じたら効果が発揮された合図となります。

作用時間はおよそ5時間ほどで、バルデナフィルの含量によって前後します。

日本で認可されている「5㎎」「10㎎」「20㎎」数値がバルデナフィルの含量となります。

ちなみに海外で認可されているものでは「60㎎」まで存在しております。

服用間隔は1日1回とし、次回の服用まで24時間以上の間隔を空けて服用しましょう。

食事の影響を受けにくいレビトラ

バイアグラは食事の影響を受けやすいため必ず空腹時に服用しないと効果を発揮できませんでしたが、レビトラは食事の影響を受けにくいようにバイアグラの弱点を克服した治療薬です。

ただ、全く食事の影響を受けないということではないため、脂肪分の多い食後には効果が半減してしまいます。

できるだけ肉料理は避け、うどんなどのあっさりとした食事を腹6分目くらいに抑えておくことがよいと思います。

↑ PAGE TOP