レビトラってどんなED治療薬なの?

レビトラジェネリックについて

日本製レビトラジェネリック

ジェネリック医薬品とは、先発薬であるレビトラなどの特許が切れた後に先発薬と同じ有効成分で製造・販売される後発医薬品のことを言います。

薬剤の特許は基本的に20年ほどとされており、その後に承認され世の中に出回ります。

ジェネリック医薬品は先発薬と同じ有効成分で作られるため、少ない研究コストで生産できるため、薬剤自体が安く設定をされ販売をします。

患者さんも安く購入できることから、財布にも優しいお薬となります。

レビトラは日本での認可が2004年であるため、まだまだ日本製のレビトラジェネリックは登場しておりません。

しかし、レビトラより前に発売されたバイアグラは20年を待たずして日本製バイアグラジェネリックが誕生しました。

もしかするとレビトラジェネリックも20年を待たずして登場する可能性があるかもしれません。

薬剤の特許がないジェネリック大国のインド

日本ではなく世界に目を向けると、レビトラジェネリックは存在します。

それはインドです。インドは薬剤に対する特許がないため、同じ有効成分を使用しても違う製造方法などで製造・販売することができるのです。

ちなみに日本でも1976年まではインドと同様な特許となっておりましたが、先進国として、世界の特許と共通させることと、先発薬の研究・開発費を守るため現在の特許となりました。

しかし、インドは人口増加と貧富の差が激しい国のため、貧しい人たちまで効果のある医薬品を安く届けることを前提としており自国民だけでなく、後進国であるアフリカなどにもインド製ジェネリック医薬品が有益に使用されています。

インド製レビトラジェネリック

インドは薬剤の特許がないためすでにレビトラジェネリックが存在しております。

特に有名なのがジェビトラやバリフなどがあります。

ジェビトラはサンライズレメディ社が製造するレビトラジェネリックで1995年に設立された製薬会社です。

WHOの製造品質管理基準の基づいて製品を開発しており、早漏改善薬やレビトラ以外のED治療薬のジェネリックも多数開発しております。

バリフはアジャンタファーマ社のレビトラジェネリックで、2000年に株式上場を行った製薬会社です。

心臓病や皮膚病、眼科などの医薬品を製造しており、ED治療薬ではバイアグラジェネリックで一躍人気となったカマグラシリーズも手掛けております。

錠剤ではなく、ゼリー状などの水なしでも服用できるタイプなどを製造しており、レビトラジェネリックでもバリフゼリーというゼリー状のタイプも発売しております。

↑ PAGE TOP