レビトラってどんなED治療薬なの?

ED治療薬の作用について

勃起のメカニズム

あなたはなぜ勃起するか知っていますか?

勃起をするにはさまざまな身体の機能、器官を使うことで成り立つものであるため、どこかの機能が力を発揮しないとEDとなってしまいます。

性的刺激を受けると脳が興奮し、ペニスへ勃起をする指令を出します。

指令は中枢神経を通り、ペニスへ伝わるのですが、この時身体は勃起をさせるために各器官が活発に動き出します。

まず、体内の一酸化窒素が活性かし、ペニスやペニス周辺の血管を拡張させ多量の血液を運ぶ準備を行います。

それと同時に活性化するのがサイクリックGMPと呼ばれる物質で、この物質が血流を促進させます、一酸化窒素がパイプの役割で、サイクリックGMPがバルブの役割を行う二つとも勃起には必要不可欠な働きとなります。

血管が拡張し多量の血液を受け取る準備をしたペニスは多量の血液を受け取り、受け取った血液を海面体に流します。

スポンジ状の海綿体は多量の血液を受け取りどんどんと膨れ上がります。

これが勃起となります。膨れ上がって硬くなった海綿体はペニスから体内へ血液を循環させる静脈を押しつぶし体内に戻る血液をストップさせます。

これにより勃起を維持することが可能となります。

勃起抑制酵素のはたらき

一度勃起したら常に勃起状態ではいられませんので、体内では勃起を抑制する酵素が活動します。

酵素は体の代謝やエネルギー変換に重要なもので、身体の異常を察知して活動します。

勃起抑制酵素は常に勃起状態から守るために、脳から勃起の指令が出た時に活動を開始します。

勃起抑制酵素は血管の平滑筋に多く存在することで、血流の流れに敏感です。

脳からの指令で血流が変化すると活動し始め、血流を促進させるサイクリックGMPを分解しようと働きます。

正常な男性の場合、勃起指令の出ている状態のサイクリックGMPの活動に勃起抑制酵素が勝つことができず、勃起を維持するのですが、射精などで、脳からの指令が勃起から賢者タイムへ変更になると、一酸化窒素とサイクリックGMPは活動を弱めるため、そのとき初めて勃起抑制酵素の活動が勝り血流が抑制され通常のペニスへ戻ります。

サイクリックGMP vs PDE5

勃起抑制酵素の名前はホスホジエステラーゼ5(PDE5)と呼ばれる酵素でこのPDE酵素は全部で11種類あり、勃起に携わるのが5番目のPDE5となります。

EDの原因はストレスや生活習慣病、加齢などの身体の異常が原因で起こります。

勃起のメカニズムである一酸化窒素の活動や指令を伝える中枢神経、サイクリックGMPの活動が弱くなると、PDE5酵素の働きが勝ってしまい勃起に至らずEDとなってしまいます。

そのため、ED治療薬の有効成分はこの勃起抑制酵素であるPDE5の活動を阻害することでサイクリックGMPが分解されるのを防ぎ勃起に誘う働きを行います。

↑ PAGE TOP