レビトラってどんなED治療薬なの?

EDの様々な原因まとめ

EDの原因はさまざまです。

EDの原因はさまざまですが、一番の原因は加齢によるものです。

年齢を重なるごとに体力が落ちていき、あらゆる器官の機能が弱まってしまいます。

男性ホルモンの減少や体内酵素の減少など体が必要とする物質を蓄えられないことで免疫が低下し病気を羅漢してしまいます。

EDは万病の元と言われます。

それはEDになったことで、他の病気を併発する確率が高いためで、身体の機能が弱まった証拠となるのです。

加齢以外にもストレスや生活習慣病はEDには大敵ですので健康いられる生活をすることがとても大事となります。

器質性のED

EDの原因の一つとして器質性EDがあります。

これはまさしく加齢と同じで身体の器官が機能を低下してしまったことにより起こるEDです。

特に血管年齢と深く関わりがあり、血管年齢が高くなると血管が伸び縮みせず、動脈硬化となってしまいます。

動脈硬化が起こると血管の収縮作用がなくなるため、勃起に必要な血液をペニスへ送り届けることができずEDとなってしまいます。

また生活習慣病を発症することによりEDになることも多く、糖尿病患者の60%以上はEDを併発しております。

このように器質性EDは身体の器官の機能低下が原因となりますので、日ごろの生活習慣を改善し健康的な生活を送ることで、EDの予防や改善に繋がります。

ストレスなどの心因性ED

ストレスなどでもEDになります。

仕事の疲れによるストレスや生活環境や金銭面での不安、過去のトラウマなど精神的に打撃を受けてしまうと、性行為も満足にできないのではないかと性行為自体にも不安が拡がってしまうためEDを発症してしまいます。

ストレスや生活環境などの現実性心因の場合はカウンセリングを受けることにより改善に向かう確率が高いですが、過去のトラウマなどの深層心因の場合は改善に至るまでが複雑になることが多く治療が長引いたりします。

心因性EDの場合、パートナーとの二人三脚での改善が一番効果的です。

また、ED治療薬を使い勃起することでの成功体験も大きくEDの改善に向かうことになります。

薬剤性ED

今現在服用しているお薬の影響でEDを発症してしまうこともあります。

特に抗うつ薬や睡眠薬などの精神疾患用のお薬や降圧剤や高脂血症治療薬などの生活習慣病のお薬などが薬剤性EDとなりやすいです。

つまり、器質性EDの原因である生活習慣病の改善のお薬や心因性EDの抗精神薬などが薬剤性EDを起こしやすいですので、専門医と相談し、お薬の相性などを考え服用することが重要となります。

↑ PAGE TOP